• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      政治

      国民年金制度の改革案 文大統領が「全面的な再検討」指示

      2018/11/07 17:40

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は7日、保健福祉部がまとめた国民年金制度の改革案について「全面的な再検討」を指示した。青瓦台(大統領府)によると、文大統領は改革案の草案に盛り込まれた内容のうち、保険料率の引き上げに関する部分が国民の考えと見合っていないと判断したという。

      閣議で発言する文大統領(手前から3人目)=(聯合ニュース)
      閣議で発言する文大統領(手前から3人目)=(聯合ニュース)

       青瓦台の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は、文大統領がこの日午前に保健福祉部長官から制度改革案に関する中間報告を受けた後、「国民の意見がより幅広く、忠実に反映されるよう修正、補完するように」と求めたことを記者団に伝え、「単なる再検討ではなく全面的な再検討を指示したものと理解している」と述べた。

       国民年金改革を巡っては、保健福祉部が年金の所得代替率と保険料率をともに引き上げる案などを含めて検討していると一部メディアが報じていた。

       保健福祉部は当初、15日に公聴会を開き、国民年金保険料の引き上げなどを盛り込んだ計画案を公開する予定だったが、見送られる可能性がある。

      tnak51@yna.co.kr