• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      政治

      反政権文化人リスト作成を韓国政府が謝罪 文在寅政権発足後初めて

      2018/05/16 15:10

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】韓国文化体育観光部の都鍾煥(ト・ジョンファン)長官は16日、過去の保守政権下で政権に批判的な文化・芸術界関係者や団体をリストアップした「ブラックリスト」を作成して政府の支援対象から外したことに対し、公式謝罪するとともに制度改善案の履行を約束した。

      頭を下げ謝罪する都長官(文化体育観光部提供)=16日、ソウル(聯合ニュース)
      頭を下げ謝罪する都長官(文化体育観光部提供)=16日、ソウル(聯合ニュース)

       都長官はこの日、ソウル市内で政府の新たな文化政策「人がいる文化―文化ビジョン2030」と「新芸術政策5カ年計画」(2018〜22年)を発表し、「人間は誰でも監視されない権利、検閲されない権利、差別されない権利がある。国家が支援から排除したことはもちろん、表現の自由を抑圧し、侵害することにより数多くの文化・芸術人と国民に深い傷と痛みを残した。政府を代表して心からおわびする」と述べて頭を下げた。

       ブラックリスト作成については文化体育観光部が昨年1月に国民に対し謝罪しているが、文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後は初めて。

       都長官は、ブラックリストの再発防止策として「文化芸術界ブラックリスト真相調査および制度改善委員会」が提示した勧告案を積極的に受け入れる意向も示し、「国家暴力であるブラックリスト事態に対し深く省察し、委員会が勧告した制度改善案を履行できるよう最善を尽くす」と述べた。

      ynhrm@yna.co.kr