• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      政治

      韓国製の自走砲「K9」 ノルウェーと24門輸出契約

      2017/12/21 08:52

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】防衛産業を手がける韓国のハンファ地上防産は20日(現地時間)、ノルウェー国防省と自走砲「K9」24門、弾薬運搬装甲車「K10」6台を2020年までに輸出する契約を結んだと発表した。金額としては2452億ウォン(約260億円)に達する。

      自走砲「K9」(資料写真)=(聯合ニュース)
      自走砲「K9」(資料写真)=(聯合ニュース)

       K9の輸出契約が結ばれたのは今年に入り3件目となる。フィンランド48門、インド100門にノルウェーを合わせると今年の契約規模は7億2000万ドル(約820億円)に上る。

       2001年に初めてトルコに輸出されて以降、現在まで契約が成立したK9は約500問で、金額としては14億5000万ドルとなる。ハンファ地上防産によると、韓国で生産された地上兵器としては最大規模の輸出額となる。K10の輸出契約がまとまったのは今回が初めて。

       K9はスイスやドイツなど欧州企業の自走砲と競合してきた。冬季テストや射撃などで高い評価を受けたという。

       K9はハンファ地上防産と国防科学研究所が1998年、韓国独自の技術で開発した射程40キロ級の自走砲で、2000年から韓国内に実戦配備された。

      kimchiboxs@yna.co.kr