• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      政治

      韓国政府が北朝鮮人権促進へ実行計画 人道支援推進など盛り込む

      2017/09/29 11:39

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】韓国統一部が29日、今年4月に策定した「第1次北朝鮮人権増進基本計画」(2017〜19年)に基づく2017年の実行計画を国会に報告した。

      統一部(資料写真)=(聯合ニュース)
      統一部(資料写真)=(聯合ニュース)

       統一部は計画で、住民の自由権と社会権を改善して北朝鮮の人権を実質的に促進するという目標の下、七つの重点課題を定めた。

       まず、北朝鮮への人道支援は政治状況に関係なく継続して推進するという文在寅(ムン・ジェイン)政権の原則を改めて示した。この原則に立ち、政府は国連児童基金(ユニセフ)や世界食糧計画(WFP)など国連傘下機関を通じた北朝鮮の社会的弱者への800万ドル(約9億円)相当の人道支援を推進する。21日に800万ドルの供与を決定しており、南北関係の状況などを見極めながら支援の時期を決定する方針だ。

       文政権は民間による対北朝鮮人道支援も許可する立場で、政権が発足した5月から8月までに19団体の北朝鮮との接触を承認したが、北朝鮮が訪朝を認めていない。

       統一部は、北朝鮮の人権促進に向け多国間や2国間の外交も展開する計画だ。国連の総会、人権理事会での北朝鮮人権決議の採択と履行に向けた協力を働き掛け、北朝鮮人権問題を議題に上げる努力をすると報告した。

       一方、今回の計画には、4月発表の3カ年基本計画に課題として挙がった北朝鮮人権問題の責任究明、南北人権対話の推進などが含まれず、政権が交代したことで北朝鮮人権問題の提起に消極的になったとの見方も出ている。ただ、統一部の当局者は「計画は年末までの3カ月で実現可能な内容だけを盛り込んだもので、ほかの意図はない」と話している。

      tnak51@yna.co.kr