• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      政治

      北朝鮮弾道ミサイル 中距離級以上と推定=韓国軍

      2017/09/15 11:29

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部の関係者は15日、北朝鮮が同日朝に発射したミサイルについて、「射程基準だけで判断した場合、中距離弾道ミサイル級以上と推定される」と明らかにした。

      北朝鮮のミサイルに対抗して韓国軍が発射した玄武2(陸軍提供)=15日、ソウル(聯合ニュース)
      北朝鮮のミサイルに対抗して韓国軍が発射した玄武2(陸軍提供)=15日、ソウル(聯合ニュース)

       合同参謀本部によると、ミサイルは日本上空を通過、約3700キロを飛行して北太平洋の海上に落下した。

       同関係者はミサイル発射の意図に関して、「米国主導の国連安保理決議採択など、対北強硬方針への反発、国際社会の制裁に屈しないという意思や核とミサイル開発を続ける意思を表したとみられる」と述べた。

       また、「6回目の核実験に続き、中距離の核運搬手段を誇示し、実質的に(米領)グアム包囲射撃能力を示し、今後の局面転換に備え有利な条件をつくるための瀬戸際戦術と分析される」と説明した。

       韓国軍は北朝鮮のミサイル発射に対応し、弾道ミサイル「玄武2」を2発発射。1発は250キロ飛行したが、1発は発射直後に海上に落下し、原因を分析しているという。

      kimchiboxs@yna.co.kr