• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      政治

      北朝鮮 国連安保理の議長声明を非難「全面排撃する」

      2017/08/31 19:23

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】北朝鮮外務省の報道官は31日、日本上空を通過した北朝鮮の中距離弾道ミサイル「火星12」発射を非難する議長声明を国連安全保障理事会が29日に採択したことについて、「現実を歪曲(わいきょく)するもの」と批判した上で「われわれは主権国家の自衛権を蹂躪(じゅうりん)した国連安保理の議長声明を全面排撃する」との立場を示した。朝鮮中央通信の記者に述べた。

      北朝鮮の中距離弾道ミサイル「火星12」=(聯合ニュース)
      北朝鮮の中距離弾道ミサイル「火星12」=(聯合ニュース)

       同報道官は火星12の発射について、警告を発したにもかかわらず、韓米両軍が合同指揮所演習「乙支フリーダムガーディアン」(UFG)を実施したためとし、「これらの対応措置は序章だ」と威嚇した。

       さらに今回のミサイル発射は、北朝鮮軍が進める太平洋上での軍事作戦の第一歩であり、侵略の前哨基地である米領グアムをけん制するための「意味深い前奏曲」と述べた。その上で「われわれの革命武力は今後太平洋を目標に、弾道ミサイルの発射訓練を数多く実施し、戦略兵器の戦力化、実戦化、近代化を積極的に進める」と宣言した。

       これらは金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が火星12の発射を指導した際に行った発言と同じ内容となっている。

      yugiri@yna.co.kr