他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

政治

朴前大統領あす容疑者として検察に出頭 報道陣に口開くか

【ソウル聯合ニュース】韓国の憲政史上初めて憲法裁判所が罷免を決定し、失職した朴槿恵(パク・クネ)前大統領に対する検察の聴取が21日に実施される。初の女性大統領、父娘2代の大統領という栄光をつかんだ朴氏だが、容疑者として史上4人目となる検察の取り調べを受ける大統領経験者になる。

朴槿恵氏=(聯合ニュースTV提供)
朴槿恵氏=(聯合ニュースTV提供)

 検察の特別捜査本部は、21日午前9時半に収賄などの疑いが持たれている朴氏を呼び、取り調べる。朴氏は検察と政府から独立して活動した特別検察官の捜査チームの事情聴取を拒んできたが、今月10日に憲法裁判所の罷免宣告により失職して民間人となったため聴取を受け入れざる得なくなった。

 大統領経験者が検察の調べを受けるのは、盧泰愚(ノ・テウ)氏、全斗煥(チョン・ドゥファン)氏、盧武鉉(ノ・ムヒョン)氏に続き4人目。

 朴氏は長年の親友、崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入と利益追求を手助けしたと認定された。大統領を罷免され、不訴追特権なしに調べを受けることで、朴氏と崔被告をめぐるさまざまな疑惑の捜査はヤマ場を迎えることになりそうだ。

 調べでは▼サムスングループからの収賄▼崔被告が実質支配した文化支援・スポーツ支援財団への資金拠出の強要と、朴政権に批判的な芸術家や俳優ら文化・芸術界関係者をリストアップし、政府の支援対象から外したとされる「ブラックリスト」に関連した職権乱用▼青瓦台(大統領府)の機密文書流出――などが主な争点になるとされる。

 特に、量刑が最も重い収賄容疑が取り調べのメインとなるとみられる。

 深夜まで続くとみられる調べで、朴氏はこれまで伝えられたように容疑の大部分を否認するか、自身も知らなかった内容だと供述する見通しだ。

 朴氏はあす午前9時ごろ自宅を出発し、車でソウル中央地検に向かうものとみられる。

 到着後、朴氏は出入り口で取材陣の前に立ち、質問を受ける予定だ。前例のない「罷免された元大統領」の容疑者の出頭を前に、地検では規制線の設置や取材陣の出入りの受付など準備作業を進めている。

取材陣が集まるソウル中央地検前=(聯合ニュース)
取材陣が集まるソウル中央地検前=(聯合ニュース)

 罷免決定後初めて公式の場に姿を見せる朴氏が、取材に対して直接取り調べに臨む所感や国民に対する立場を述べるかどうかにも関心が集まっている。朴氏は12日に青瓦台を出て自宅へ戻った際に閔庚旭(ミン・ギョンウク)元青瓦台報道官を通じて短いコメントを伝えたが、自らの言葉による立場表明は行わなかった。

ynhrm@yna.co.kr