他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

政治

朴大統領の親友 検察に出頭=国政介入疑惑などの聴取開始

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友で機密情報を受け取り国政全般に介入していたなどの疑惑が持たれている崔順実(チェ・スンシル)氏が31日午後、被疑者としてソウル中央地検に出頭した。

ソウル中央地検に出頭した崔氏=31日、ソウル(聯合ニュース)
ソウル中央地検に出頭した崔氏=31日、ソウル(聯合ニュース)

 崔氏は出頭した際、報道陣に「国民のみなさん、許して下さい。申し訳ございません」と述べた。

 検察は聴取で▼文化支援財団「ミル財団」とスポーツ支援財団「Kスポーツ財団」の私物化▼青瓦台(大統領府)の文書流出▼崔氏の長女の梨花女子大への不正入学――などの疑惑に焦点を当てるとみられる。

 崔氏は朴大統領の親友であるということを利用し、大企業から800億ウォン(73億3800万円)に上る資金を両財団に拠出させ、それら資金を合法的な事業費として流用し、長女の乗馬練習費に使うなど私物化した疑いが持たれている。

 また、検察は崔氏に対し朴大統領の演説草稿や北朝鮮との秘密接触の内容が記載された資料、極秘に扱われるべき朴大統領の海外訪問日程を記載した外交部の文書などを実際に受け取ったかどうかについても確認する計画だ。

 崔氏はこの日の聴取で自身の疑惑について否定することが予想される。

 検察は深夜まで聴取を行い、崔氏をいったん帰宅させ再び出頭させるか、緊急逮捕して身柄を確保した状態で捜査を続けるか決定する方針だ。

sjp@yna.co.kr