他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

政治

朴大統領の親友 きょう午後検察が聴取=疑惑解明なるか

【ソウル聯合ニュース】韓国検察の特別捜査本部が、朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友である民間人女性、崔順実(チェ・スンシル)氏に31日午後3時に出頭するよう通知した。崔氏は機密情報を受け取り国政全般に介入していたなどの疑惑が持たれており、被疑者として検察の聴取を受ける。

検察の聴取を控える崔順実氏=(聯合ニュースTV)
検察の聴取を控える崔順実氏=(聯合ニュースTV)

 崔氏はドイツに滞在していたが、疑惑の拡大を受けて前日に帰国し、検察の聴取に備えているとされる。聴取に協力すると表明しているため、時間通りに出頭するとみられる。

 検察は二つの疑惑について崔氏から事情を聴くと予想される。

 文化、体育支援の2財団の設立と資金集めに崔氏が深くかかわり財団を私物化し、関与する会社を使って資金を流用したという疑惑に関しては、検察は崔氏の側近と元財団関係者から疑惑を裏付ける供述を確保したとされる。

 検察はまた、青瓦台(大統領府)の国防・外交・経済・北朝鮮関連の機密文書が崔氏に渡り国政に介入していたという疑惑に関連し、崔氏が使っていたとみられるタブレット端末を押収した。この端末には朴大統領の演説草稿をはじめ、約200件の青瓦台文書が保存されているとされる。

 崔氏にはこのほか、娘のチョン・ユラ氏が韓国の名門女子大学である梨花女子大に入学できるよう、入試関連資料を事前に入手し影響力を行使したとの疑惑もある。これについては、教育部が特別監査を始めた。

 崔氏は帰国後に弁護士を通じ、検察の捜査に積極的に応じる意向を示すとともに、「国民の皆様に挫折感と虚脱感を抱かせたことを深くおわび申し上げる」と述べた。

 一方、検察は崔氏のほか、前日辞任した安鍾範(アン・ジョンボム)元政策調整首席秘書官、チョン・ホソン元付属室秘書官に対し、出国禁止措置を取った。

mgk1202@yna.co.kr