他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

政治

韓国国防部長官 米国に戦闘機技術移転要請へ

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の訪米に同行している国防部の韓民求(ハン・ミング)長官が、米国滞在中にカーター米国防長官と会談し、韓国型戦闘機(KFX)開発事業をめぐる主要技術移転問題を取り上げるようだ。韓国政府関係者が14日、明らかにした。

国防部の韓長官=(聯合ニュース)国防部の韓長官=(聯合ニュース)

 同関係者は「韓長官は訪米中にペンタゴン(国防総省)でカーター長官と会談し、米国側がKFXの主要技術4件について技術移転を拒否した問題を提起すると承知している」と伝えた。

 韓長官は朴大統領が15日に国防総省を訪問する際に同行する予定。カーター長官との会談で北朝鮮に関する認識を共有し韓米協調体制を再確認するほか、来月ソウルで開かれる韓米定例安保協議(SCM)の議題を調整する見通しだ。

 また、防衛事業関連懸案も議論する計画で、その際に韓長官はKFXへの技術移転問題を取り上げるとみられる。

 韓長官は8月にこの問題に関し、カーター長官に協力を要請する書簡を送ったが返信はなかったとされる。

 両長官が韓米首脳会談を機に会談することで、KFXの主要技術移転をめぐる問題で変化が起こるか注目が集まる。

sjp@yna.co.kr