他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

政治

米国務次官 北朝鮮体制批判のオバマ氏発言に同意

【ソウル聯合ニュース】韓国を訪問した米国務省のシャーマン次官(政治担当)が29日、「北朝鮮のような体制はやがて崩壊する」としたオバマ米大統領の最近の発言に同意すると述べた。

 シャーマン次官はソウル市内の米国大使館で聯合ニュースなど韓国メディアと懇談し、「オバマ大統領の発言は、自国の国民に食糧と未来を与えず世界から孤立する国は生き残れないとするもので、それ以上でも以下でもない」と説明した。

 北朝鮮の非核化問題については、これまでも非核化に向け、圧力をかけたり、北朝鮮が誠実かつ具体的な行動に乗り出すなら対話も可能との立場を明確に示したりしてきたとした。その上で、「朴槿恵(パク・クネ)大統領が北朝鮮に対話を呼び掛けたことを完全に支持している」と述べた。朝鮮半島が統一されれば核兵器がないことも確かにできるため、統一が持続可能な非核化の解決策になるとの見解を示した。

 また、米映画会社へのサイバー攻撃に絡み、北朝鮮をテロ支援国家に再指定する問題について、検討が続いている状況を伝えた。

 北朝鮮が最近、韓米が合同軍事演習を中止するなら核実験の一時中断が可能と主張していることに対しては、「提案ではなく威嚇に聞こえた。まるで、われわれが演習の規模を縮小するか中止しなければ核実験を行うというように感じた」と批判し、合同軍事演習に関与できるものではないと切り捨てた。

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記がロシアで5月に行われる戦勝70年の記念式典に出席する可能性が高まったとして関心が集まっているが、米国の立場を問われると、「まだ仮定の状況、待ってみる必要がありそうだ」と即答を避けた。

 一方、安倍晋三首相が8月にも発表する戦後70年の首相談話について、シャーマン次官は「われわれは河野談話と村山談話が重要と信じている」とし、両談話の継承を願うとした。韓日関係に関しては、「両国が過去と和解について協議していることをよく知っている。両国が話し合うのは非常に良いこと」と原則的な言及にとどめた。

 mgk1202@yna.co.kr

関連写真