他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

政治

北ミサイル発射「南北関係に影響ないように」=韓国統一部

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の金義道(キム・ウィド)報道官は28日の記者会見で、前日の北朝鮮の短距離ミサイル発射に関して、「南北関係に影響を与えず、離散家族再会事業や今後の関係が進展するよう期待する」と述べた。

 今月25日に終了した離散家族再会の今後の開催に向けた北朝鮮との協議について、「赤十字実務接触については時期を検討している」と明らかにした上で、「短距離ミサイル発射が赤十字実務接触にどう影響を与えるか断定的に話すのは難しい」とした。

 一方、北朝鮮で家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)が拡大していることを受け、韓国政府は24日に消毒薬やワクチンなどの支援に向けた実務接触の開催を提案したが、28日午前現在、北朝鮮から返答はない。

ikasumi@yna.co.kr