他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

政治

韓国への統制権移管 米国防長官「真剣に受け止めている」

【ソウル聯合ニュース】ヘーゲル米国防長官は2日、ソウルでの韓米定例安保協議(SCM)後に金寛鎮(キム・グァンジン)国防部長官と共同で会見し、韓国が有事作戦統制権を韓米連合軍司令官(在韓米軍司令官兼務)から韓国軍へ移管する時期の再延期を提案したことについて、「韓国が提起した問題を非常に真剣に受け止めている」と述べた。また「作戦統制権の移管には常に条件が付いていた。われわれはこの条件を検討しており、また条件について楽観的に考えている」と強調した。

 金長官はこの問題について「両国は深刻化している北朝鮮の核・ミサイルの脅威など、流動的な朝鮮半島の安全保障情勢に特に注目しながら、『戦略同盟2015』に依拠し条件に基づく作戦統制権の移管を推進することで同意している」と説明。韓米共同の実務チームを構成し、移管の条件と時期に関する協議を続けていくと明らかにした。

 一方、ヘーゲル長官は会見で、「米国が進めているミサイル防衛(MD)システムへの韓国の参加を要請したか」との質問に、韓国はミサイル防衛システムを持っており、双方が全く同じである必要はないが、相互運用性を備えていなければならないと答えた。韓国が構築中の「韓国型ミサイル防衛(KAMD)」と米国のMDがそれぞれ独自性を持ちながらも、情報を共有していく必要があるとの意味に受け止められる。

stomo@yna.co.kr