他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

政治

有事作戦統制権移管の再延期 米国が前向き

【ソウル聯合ニュース】ソウルで30日に始まった韓米統合国防協議体(KIDD)会議で、韓国が提案していた有事作戦統制権の移管期日の再検討について米国側が前向きな反応を示したことが分かった。韓国政府消息筋が伝えた。

 米国の反応を受け、移管期日の再延期をめぐる協議が加速化する見通しだ。

 消息筋は10月2日にソウルで開催される韓米定例安保協議(SCM)までに再延期問題について結論が出されるとの見通しを示した。

 31日まで開かれる同会議では、有事作戦統制権を韓米連合軍司令官(在韓米軍司令官兼務)から韓国軍へ移管する期日の再延期問題をはじめ、北朝鮮の核・ミサイルの脅威に備えた抑止戦略、韓米同盟60周年記念事業などについて協議する。

ikasumi@yna.co.kr