聯合ニュース

他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line
韓国政府「北への対話提案は今も有効」=開城問題で
2013/04/30 20:09 KST文字拡大 文字縮小印刷 つぶやく

【ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮が経済協力事業を行ってきた開城工業団地の操業再開が難しくなるなか、韓国政府は北朝鮮側に示した実務会談の提案が今も有効だとのスタンスを表明した。

 統一部の柳吉在(リュ・ギルジェ)長官は30日、韓国政府が25日に北朝鮮に示した実務会談提案は有効だと述べた上で、「対話を通じて問題を解決しようとする原則も有効だ」とした。

 ただ、柳長官は北朝鮮の不当な要求をのむ形での団地操業正常化は意味がないと指摘。是々非々の姿勢で対応するとの方針を強調した。

 韓国政府は韓国側関係者全員の団地からの撤収を目指しているが、現地には開城工業団地管理委員会の洪良浩(ホン・ヤンホ)委員長ら7人が残留し、北朝鮮労働者への未払い賃金などの問題を北朝鮮側と話し合っている。

 北朝鮮は、3月分の未払い賃金720万ドル(約7億540万円)と所得税や通信料など、合計約800万ドルを韓国側に要求しているもよう。

 韓国の入居企業は完成品および資材の搬出を要求しており、協議はスムーズに進んでいないとされる。

sarangni@yna.co.kr