他言語ニュースを見る

人気検索ワード:

検索
line
北朝鮮 来月初旬に大規模軍事訓練の可能性=韓国軍
2013/02/28 18:19 KST文字拡大 文字縮小印刷 つぶやく

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の金aソク(キム・ミンソク)報道官は28日の定例会見で、北朝鮮が来月初旬に大規模な国家級訓練を実施する可能性があるとみて、北朝鮮の軍事動向を監視していると明らかにした。国家級訓練は陸・海・空軍と特殊戦部隊が同時に行う全国レベルの訓練。

 金報道官は北朝鮮が今年の冬季訓練で砲兵訓練や特殊戦訓練、航空機の対地攻撃などを例年より強化したと伝えた。

 韓国軍はこれまで新政権発足初期に北朝鮮軍の軍事的な挑発があったことに注目している。北朝鮮は金大中(キム・デジュン)政権が発足した1998年に弾道ミサイル「テポドン」を発射した。翌年の6月には警備艇が黄海上の北方限界線(NLL)を越え「第1延坪海戦」が起きた。李明博(イ・ミョンバク)政権が誕生した2008年2月は長距離ミサイルを発射し、2009年5月に核実験を強行した。

 金報道官は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の動向について、「最近4カ所の軍部隊を訪れて戦闘準備態勢を点検し、挑発能力を誇示するなど、示威活動を展開している」と指摘した。

kimchiboxs@yna.co.kr