Home 政治
Twitter Send 2010/09/30 09:44 KST
米CIA長官が来月初め訪韓、北朝鮮情報を交換




【ソウル30日聯合ニュース】米中央情報局(CIA)のパネッタ長官が来月2日ごろ韓国を訪問すると、政府筋が30日に伝えた。

 パネッタ長官は李明博(イ・ミョンバク)大統領と会談し、米国の朝鮮半島情勢判断などを説明するほか、国家情報院の元世勲(ウォン・セフン)院長、国防部の金泰栄(キム・テヨン)長官、青瓦台(大統領府)の金星煥(キム・ソンファン)大統領外交安保首席秘書官ら韓国政府の外交安保ライン責任者らとも会い、北朝鮮の権力三代世襲後の体制、金正日(キム・ジョンイル)総書記の健康など、対北朝鮮情報を交換するという。

 政府筋は、訪韓はかねてから決まっていたものだが、金総書記の三男ジョンウン氏が北朝鮮体制のナンバー2の座に就いた直後とあり、関連のさまざまな情報交換が行われるだろうと話した。

パネッタCIA長官(資料写真)=(AP=聯合ニュース)