Home 政治
Twitter Send 2010/08/31 20:42 KST
金総書記訪中「主要随行員」、ジョンウン氏含まれず




【ソウル31日聯合ニュース】北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記の今回の訪中に、三男のジョンウン氏は随行しなかったと、中国側が韓国政府に説明したことが分かった。

 政府当局者は31日、前日に駐中国韓国大使館関係者に対し、中国側から金総書記の訪中についての事後説明があり、この席で、訪中随行員のリストにジョンウン氏の名前はなかったと伝えられたと明らかにした。中国側が言及したのは「主要随行員」かと質問すると、この当局者は「そうだ」と答えた。

 中国の説明により把握された主要随行員は13〜14人で、名前が明かされたのは金永春(キム・ヨンチュン)国防副委員長兼人民武力部長、金基南(キム・ギナム)朝鮮労働党書記、太鍾守(テ・ジョンス)朝鮮労働党中央委員会部長ら11人だという。

 このため、ジョンウン氏は「主要随行員」ではないが、随行はしていた可能性があるとの見方も出ている。

 韓国政府は、中国側の説明だけでジョンウン氏が訪中に随行しなかったと断定することはできないと判断するものと伝えられた。

japanese@yna.co.kr