Home 政治
Twitter Send 2010/05/31 12:02 KST
「天安」事件にも中道実用基調を堅持、李大統領




【ソウル31日聯合ニュース】李明博(イ・ミョンバク)大統領は31日に青瓦台(大統領府)で首席秘書官会議を主宰し、哨戒艦「天安」が北朝鮮の攻撃で沈没した事件で「中道実用」の基調が揺らいでいるという印象を与えてはならないとの考えを示した。金恩慧(キム・ウンヘ)報道官が伝えた。

 李大統領は、中道実用の政府基調に変わりはないと強調。国際社会に原則とビジョンを提示しながら、国政運営でこの政策が確固として維持されるよう、力を注がなければならないと述べた。

 また、「天安」事件を機に、南北分断国という状況のなかで国のアイデンティティーをさらに確立する必要があると述べた。

japanese@yna.co.kr