English Chinese Japanese Arabic Spanish
Home 政治
2008/09/23 19:57 KST
「韓国民の声に耳を傾ける」スティーブンス米国大使


【ソウル23日聯合】キャスリーン・スティーブンス駐韓米国大使が23日、韓国へ赴任した。

 仁川国際空港で行った赴任会見で、スティーブンス大使は「平和ボランティア団員として33年前に初めて韓国を訪れたが、米国大使として再び韓国に来ることになり本当に胸が一杯だ」としながら、韓国の政府と国民の声に耳を傾けていきたいと抱負を示した。1970年から1980年代にかけ韓国に暮らした経験、韓国での一般的な生活を知っているという幸運が自分を助けてくれるだろうとし、「皆の期待と希望に背かないようベストを尽くす」と意欲を語った。

 また、この30年余りで韓国は見違えるほど変化したが、依然として米国の長きにわたる同盟国であり、近しい友人だとし、米国大使として韓国に在任する間、変化した韓国の実情をきちんと理解・把握できるよう努力すると述べた。

 韓国語にも精通し「知韓派」として知られるスティーブンス大使はこの日、自らを「シム・ウンギョン」と韓国名で紹介し、会見も韓国語で行った。

会見するスティーブンス米国大使=23日、永宗島(聯合)