• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      地方

      現代アートを楽しむ 光州ビエンナーレが6日開幕式

      2018/09/05 12:30

      Article View Option

      【光州聯合ニュース】現代美術の祭典、2018光州ビエンナーレが6日に韓国南西部の光州で開幕する。同日のプレスデーと開幕式に続き、翌日から一般公開される。今年は「想像された境界(Imagined Borders)」をテーマに、43カ国・地域から165人のアーティストらが参加する。11月11日まで。

      開幕を待つ光州ビエンナーレの会場=(聯合ニュース)
      開幕を待つ光州ビエンナーレの会場=(聯合ニュース)

       光州ビエンナーレは今年で12回目。七つのテーマ展と、光州の歴史を反映した新作プロジェクト「GBコミッション」、海外有数の美術機関が参加する「パビリオンプロジェクト」で構成される。光州ビエンナーレ展示館をメイン会場に、国立アジア文化殿堂(ACC)やその近隣のビルも会場とする。

       ACCで開催される今年の目玉の北朝鮮美術展には、北朝鮮の絵画22点が出品される。また、米国のアーティスト、タラ・ドノヴァンの巨大なインスタレーションや、奈良美智の最近の作品なども開幕を持っている。

      北朝鮮からの作品を設置する作業(資料写真、光州ビエンナーレ財団提供)=(聯合ニュース)
      北朝鮮からの作品を設置する作業(資料写真、光州ビエンナーレ財団提供)=(聯合ニュース)

       ビエンナーレ期間中には、1980年に光州で起きた民主化運動(光州事件)の史跡地、旧全羅南道庁会議室が一時、一般公開される。

       会期中は展示会場やバスターミナル、鉄道駅などを巡回するシャトルバスが運行される。

      mgk1202@yna.co.kr