他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

地方

釜山市の小学校試験で選択式設問廃止へ 「考える力」育成=韓国初

【釜山聯合ニュース】韓国南部・釜山市で来年から小学校の試験問題で選択式の設問が全面廃止され、記述式に切り替えられる。韓国では初の試みとなる。

記者会見する金錫俊教育監=27日、釜山(聯合ニュース)
記者会見する金錫俊教育監=27日、釜山(聯合ニュース)

 同市教育庁(教育委員会に相当)のトップ、金錫俊(キム・ソクジュン)教育監が27日発表した。金氏は「詰め込み式、暗記式、正答を選ぶ形式の教育では変化の激しい第4次産業革命時代に対応できない」として、「考える力と問題解決能力を育てるため小学校のテストで客観(選択)式問題をなくすことにした」と説明した。

 小学校の試験で選択式の設問を全面廃止するのは全国で初めて。来年からの実施に向け、今年後半から10校を選定しテスト運用する。

 釜山地域ではこれまで小学校で年4回、選択式の評価試験を行ってきた。

ikasumi@yna.co.kr