他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

地方

国立アジア文化殿堂 先月25日に正式にオープン=韓国光州

【光州聯合ニュース】韓国南西部、光州市の複合文化施設「国立アジア文化殿堂」が11月25日に正式にオープンした。

 2004年の事業スタートから約10年での開館となった。

 1980年の光州民主化運動の歴史的現場となった旧全羅南道庁跡に建てられた大型複合文化芸術機関で、五つの主要施設からなる建物群は延べ16万平方メートルに達する。

 アジアの文化中心都市としての発展をけん引していくことが期待されている。

国立アジア文化殿堂=(聯合ニュース)国立アジア文化殿堂=(聯合ニュース)

 ◇アジア文化研究の場、文化情報院

 地下2階から地下4階に位置する文化情報院は、アジア文化を研究しコンテンツを開発する施設だ。

 各国固有の文化資源を集め研究し、文化理論を生み出す。

 図書、記録物、写真、映像、音響などさまざまな形態の資料を備えアジア文化についての知識や情報を提供するライブラリーパークとアジア文化研究所、アジア文化アカデミー、アジア文化資源センターなどがある。

 ◇芸術と科学の融合、文化創造院

 文化創造院はアーティストらが集い、新たな文化を生み出す場だ。

 視覚アーティスト、ニューメディアアーティスト、サウンドアーティストなど各分野の専門家の知識と技術、経験をつなぎこれまで見たことのない新たな形式の文化芸術を創造する。

 院内の複合展示館は8メートル〜16メートルと十分な高さがあり、大型作品も展示できる。

 ほかに、多様なジャンルを融合し未来志向的なコンテンツを展示する創作・製作センターやアジア研究ラボ、メディアラボ、デジタルオーディオ・ビジュアルスタジオ、機械造形スタジオなどの研究施設が入っている。

 ◇国際的な文化交流目指すアジア芸術劇場

 芸術公演の場であるアジア芸術劇場は劇場1と劇場2で構成されている。

 劇場1は座席とステージを自由に変えられる可動式の劇場で1120席ある。客席を床に収納しステージを16種類の形態に変えられる。

 劇場2は512席で固定式の小規模劇場だ。

 アジア芸術劇場は公演だけにとどまらずアジア各国の公演関連機関・団体と作品を共同制作し、流通ネットワークを通じて紹介する文化交流の場として育てる。

 開館を記念して上演される約30作品のうち16作品は共同制作され今後、国際的な舞台で上演される。

 ◇民主・人権・平和に取り組む民主平和交流院

 民主平和交流院は光州民主化運動の歴史的現場を保存して作られた。

 旧全羅南道庁の本館や別館、会議室など六つの建物を改築しアジアの民主・人権・平和の精神を表現した。

 光州民主化運動を記念した民主平和記念館は来年初めにオープンする予定。

 ◇夢育む子ども文化院

 9月に部分開放され人気を集めているのが子ども文化院だ。

 地下に建てられているものの、ガラス張りの構造で日が差し込み地下であることを感じさせない。

 遊びを通し文化を体験する子ども体験館やアジアと世界のさまざまな物語に出会える子ども劇場、子ども図書館から成る。

sjp@yna.co.kr