男子400リレーでジャマイカ優勝、ボルト2冠達成
【大邱聯合ニュース】陸上の世界選手権最終日は4日、大邱スタジアムで最終種目の男子400メートルリレーが行われ、ウサイン・ボルトらが出場したジャマイカが37秒04の世界新で優勝した。ボルトは200メートルに続く2個目の金メダルを獲得し、2冠を達成した。

優勝を喜ぶジャマイカ選手ら=4日、大邱(聯合ニュース)

csi@yna.co.kr